若年性認知症について知りたい

働き盛りの時期に認知症と診断され、驚きと不安の中にいるのではないでしょうか。
仕事のことや家族のこと、自分がどうなっていくのか・・・。
若年性認知症の人は、高齢期の認知症とは違った悩みや困惑を抱かれると思います。
このページでは、若年性認知症の人向けの相談窓口や受けられるサポートをまとめて掲載しています。

若年性認知症の方へのサービスをまとめたリーフレットがありますのでご覧ください。

若年性認知症の方へ(PDF)
若年性認知症の方へ(テキスト形式 11KB)
若年性認知症講演会
認知症の人も家族も、どなたでも受講できます。
若年性認知症の特徴や利用できる制度などを医師や東京都若年性認知症総合支援センター職員が講話します。
認知症カフェ
認知症の人、家族や友人、地域住民、専門職、年齢や所属・地域に関係なく集まれる場所です。
カフェでは仲間に出会ったり、認知症に詳しい人たちに相談できます。
楽しく語ろうつどいの会
認知症の人同士が、日々の暮らしの工夫や楽しみを語り合える場です。
認知症の人と関わる専門職の方へ

認知症当事者のための社会参加型
プログラム
若年性認知症、軽度認知症の人が発した「人の役に立ちたい」「社会とつながっていたい」という声から作られたプログラムです。
介護者の会・家族会
認知症の人を介護する家族が集まる会です。
介護のことなど、なんでも話せる仲間がいます。
世田谷区の各地域で定期開催しています。
若年性認知症総合支援センター
東京都が設置した相談窓口です。
若年性認知症支援コーディネーターが、認知症の人や家族、関係機関からの相談に対応します。

サービスを探す

窓口一覧
ページの先頭へ戻る
目次を閉じる