高齢期をいきいきと過ごせるヒントを学べる講演会

高齢者のうつ病は認知症と間違われる場合が多いため、周囲の人がなかなか気付けず、知らないうちに症状が進行してしまうことがあります。
そのため、周りの家族が正しい知識を持つことで、早い段階で適切に対応することが大切です。

「外に出たくない」「すぐに疲れてしまう」「眠れない」「だれとも話したくない」「最近、同居している親の元気がない」「介護している相手の様子がいつもと違う」と感じている方やその家族向けに、老人性うつの症状と原因、認知症との違いや高齢期をいきいきと過ごすためのヒントをご紹介します。

対象者世田谷区在住の方
開催頻度年間1回
利用料無料

サービスを探す

窓口一覧
ページの先頭へ戻る
目次を閉じる