認知症サポーター養成講座

認知症サポーターとは

認知症について正しく理解し、自分のできる範囲で認知症の人やその家族をあたたかく見守る、任意のボランティアです。
たとえば、学んだ知識を家族や友人に伝えたり、認知症の人や家族の気持ちを理解しようと努めることだけでも、サポーターの活動です。
「認知症サポーターキャラバン」におけるキャラバン・メイト(講座の講師役)を中心に、認知症サポーターの養成が全国で展開されています。一人でも多くの方が認知症サポーターとなり、安心して暮らせるまちを、みんなでつくっていくことを目指しています。

認知症サポーター養成講座は、およそ90分間で開催します。受講された方には、認知症サポーターの証として「オレンジリング」とテキストをお渡ししています。

対象者世田谷区在住の方
開催頻度年間10回
利用料無料

サービスを探す

窓口一覧
ページの先頭へ戻る
目次を閉じる