若年性認知症講演会

認知症は、働き盛りの年代でも発症する場合があり、65歳未満で発症した場合を「若年性認知症」といいます。厚生労働省の平成21年の調査では、全国における若年性認知症の有病者数は約38,000人とされています。

たとえ、若年性認知症になっても、住み慣れたまちで穏やかに暮らしていくためには、社会全体で若年性認知症の理解を深め、みんなで支え合うことが必要です。地域や職場など、たくさんの方に知っていただきたい内容です。
ご本人やご家族、 若年性認知症について知りたい・学びたい方。お気軽にご参加ください。

この講座の内容は...

  • 老年期の認知症との違いについて
  • お金や制度について
     医療費負担の軽減のこと
     障害年金のこと
     障害者手帳のこと など
  • 早い段階での必要なケアについて
開催頻度年間1回
利用料無料

サービスを探す

窓口一覧
ページの先頭へ戻る
目次を閉じる