認知症カフェ⑦
オレンジカフェKIMAMA

2020年8月21日

「オレンジカフェKIMAMA」は、岩瀬はるみさん(市民活動団体「ZUTTO-KOKO」代表)が主催する認知症カフェです。新型コロナウイルス感染症により休止していましたが、7月11日に4か月ぶりの再開となりました。いつも開催している桜丘区民センターの談話室は使用禁止のため、料理講習室に変更して、参加人数も10名以内厳守など、制約がある中での開催となりました。

認知症カフェを主催する岩瀬さんに「オレンジカフェKIMAMA」についてお伺いしました!

再開第1回目は「音楽療法講座」で講師はフェイスシールドを着用し、大きな声を出さないようにプログラムを工夫されていました。

沢山の楽器が用意され、様々な趣向を凝らした内容で、久しぶりに参加された皆さんは、「楽しかった」「ストレス発散になった」と笑顔で楽しまれていました。

カフェを始めたきっかけはなんですか?

ケアラーズカフェを運営していて認知症の問題に気づき、また自分の親も認知症になったことから、認知症カフェの開設を思い立ちました。認知症本人と家族の支援と認知症を正しく理解するための啓発を目的にしています。

実際にカフェを開催してみていかがですか?

皆さん心待ちにしてくださっていたのか、喜んでいただけて、やはりカフェを再開してよかったと思いました。9月からは会場も通常の談話室を使用することができるようになりますが、人数制限(会場の定員の半分)という制約があるため、当分の間は認知症の本人、介護家族、独居高齢者を対象にしていくつもりです。
今後も予断を許さない状況ですが、いろいろと工夫をしながら、何とか開催していきたいと思っています。

皆さんに伝えたいこと

認知症カフェ休止中に、「認知症の症状が進行してしまった」「筋力が低下してしまった」「うつになってしまった」「早く再開してほしい」との声が寄せられていたため、やっと再開でき、ほっとしました。ただ、どれだけ感染対策をしても、リスクはゼロにはならないこと、必要な人のために場を開いていきたいこと、主催者はそのつもりで臨むので、参加者の皆さんにもそのことを理解していただきたいです。

※会場の定員に合わせて人数制限をしています。参加されるときはお問い合わせください!

※本記事の文書及び写真掲載は本人の同意を得ています。

オレンジカフェKIMAMA 

会場桜丘5-14-1 桜丘区民センター1階 談話室
連絡先03-3439-1650
開催日時月1回 第2土曜日(午後1時30分~3時30分)
参加費500円

カフェに参加してみて

参加する側も、主催する側も、とても素敵な笑顔が溢れていた時間でした。それは、カフェ再開にあたってスタッフ間で相談を重ね、できるだけ早くの再開を目指された、皆さんの熱い思いを体感した時間でもありました。

(世田谷区認知症在宅生活サポートセンター 安藤)

ページの先頭へ戻る
目次を閉じる