認知症カフェ⑰
ひがたまカフェ

2021年11月22日

2016年(平成28年)10月、みんなで支え合っていこうという思いで、東玉川町会の婦人会と現民生委員や元民生委員で立ち上げたカフェです。母体となる婦人会は今年、設立70年周年を迎えます。
認知症カフェを主催する清水さんに「ひがたまカフェ」についてお伺いしました!

カフェを始めたきっかけはなんですか?

以前は、東玉川町会内でゆっくり集まれる場所がありませんでした。平成21年3月、世田谷区の助成金と町会員の寄付金により町会会館が完成し、大勢で気ままにおしゃべりすることができるようになりました。町の中心にあり集まりやすいため、新築の町会会館で認知症カフェを開催することにしました。町会会館は、様々な活動の場として有意義に使用されています。

実際に認知症カフェを開催してみていかがですか?

笑顔とおしゃべりで賑やかなカフェです。月1回、会えるのが楽しみです。皆さん呼びかけあってお出かけなさっているようです。
また、保健センターの運動指導員さんによる脳トレを取り入れた体操の時間もあります。椅子に座ってできる体操で、楽しみながら参加できます。(間違えても大丈夫です。)
スタッフ同士も仲が良く、終了後のひと時はコーヒーを飲みながら、ついつい長話になったりします。

皆さんに伝えたいこと

ぜひ一度のぞいてみてください!パン屋さんと魚屋さんの移動販売車も時間内に立ち寄ってくれます。
専門店にも負けないくらい、こだわりのコーヒーを用意してお待ちしています!


※本記事の文章及び写真掲載は本人の同意を得ています。

ひがたまカフェ

連絡先090-7725-7522 (担当:清水)
会場東玉川1-32-11 東玉川町会会館
開催日時月1回 第4火曜日 (午後1時~午後3時30分)
参加費100円

カフェに参加してみて

笑顔で出迎えていただいた後、お部屋に入ると大きなテーブルに素敵なお花が生けてありました。パン屋さんやお魚屋さんが窓際まで売りに来てくれ、活気が溢れているカフェでした。
椅子に座っての体操は、体も心もほぐれ、みんなで楽しい時を過ごすことができました。また、参加者による詩吟のお披露目では、素晴らしい歌声を聞かせてもらいました。
とても楽しいカフェなので、ぜひ一度足を運んでみてください♪

(世田谷区認知症在宅生活サポートセンター 高橋)

ページの先頭へ戻る
目次を閉じる