認知症カフェ@ななつのこ

2022年8月24日

認知症当事者やその家族などが、いつでも気軽にどんなことでも相談できるように、という思いで、2021年3月から烏山で認知症カフェを開始しました!認知症カフェを主催する柴崎さんに「認知症カフェ@ななつのこ」についてお伺いしました。

認知症予防のためのアクト+茶話会の構成で、年4回実施しています。
~開催内容(例)~
①「認知症予防に役立つ」体操/手工芸/栄養指導/認知症についての講座など
②当事者が専門家や当事者OGOBと一緒に、認知症や介護について気軽におしゃべり

カフェを始めたきっかけはなんですか?

実家なんとかし隊での活動を通じて、「私は認知症じゃない!」「介護なんか必要ない!」と、受診や相談を認知症当事者が拒絶してしまい先に進めない事態や、「役所や病院は敷居が高く気後れする」「そもそもどこに相談していいかわからない」という認知症当事者の行き場がない状況を、幾度となく目にしてきました。

認知症当事者やケアする家族が気軽に参加できる介護相談や情報収集の糸口の場の必要性を痛感したので、地域のあんしんすこやかセンターの協力のもと、認知症カフェを始めました。

<実家なんとかし隊とは>
実家なんとかし隊は、専門家と当事者が一緒に、様々な角度から実家のお悩み解決に取り組む非営利団体です。

実際にカフェを開催してみていかがですか?

・どちらかが認知症のご夫婦での参加が数件ありました。目標としていた、家族が誘いやすい認知症カフェが、徐々に実現できているようです。
・見守りが必要な認知症当事者を、地域コミュニティや自治体が新たに発見する機会となっています。
・地域のあんしんすこやかセンターの協力で、必要な場合は迅速に介護サービスの開始へつなげることができています。
・いつでもオープンしているコミュニティカフェが、自治体の相談窓口の補完的存在として認知され始めています。
・介護関連の知識を深めたい方には、さらに実家なんとかし隊主催の専門家によるセミナーに参加することで、ご満足頂いています。

皆さんに伝えたいこと

毎日オープンしているまちなかのカフェでの開催ですので、「体操をカフェでやっているから、お茶ついでに一緒に行きましょう!」と参加の声かけがしやすいです。
相談や情報収集の「はじめの一歩」として、どなたでも気負いなくご参加いただければ幸いです。

※本記事の文書及び写真掲載は本人の同意を得ています。

認知症カフェ@ななつのこ

連絡先03-5969-8457
所在地南烏山6-12-12
会場コミュニティカフェななつのこ
開催日時年4回(2・5・8・11月) 第3土曜日
午前10時30分~12時
参加費無料(カンパまたはワンドリンクオーダー協力)
【HP】https://jikkanantokashitai.com

カフェに参加してみて

ふらっと立ち寄れる、身近なコミュニティカフェです。
地域の方が気軽に参加でき、いろいろな方々とつながりが持てる居場所になっていました。

(世田谷区認知症在宅生活サポートセンター 杉平)

ページの先頭へ戻る
目次を閉じる